オックー@漢方(中医学)+鍼灸

薬剤師・鍼灸師・国際中医師A級のオックーが基本、中医学について書いています。

相剋→相生→相剋の三角形②

f:id:okukatu:20201117190146j:plain

今回は

心→肺→腎→心のつながりについて書いて行こうかと思います。

心→肺

相剋→相生→相剋の三角形① で書いたように

心と肝は共に西洋医学でいうところの脳の働きの部分もあり

似ている部分もあるのですが、どちらかと言うと本能的な部分の脳の働きである肝に対し心は精神活動や思考などに関わる脳の働きと言えます。

また心のもう一つの働きは西洋医学でいうところの心臓の機能と言える部分もあり、体中に血液を送り出すポンプとしての機能も持っています。 

ただ脳は最も体の中で血液の栄養を必要とする臓器でもありますから、脳が活発に働くことは直接心臓のポンプ機能の機能亢進にも繋がります。

ですので昔の人は精神活動と心臓のポンプ機能が連動していると考えたのかもしれません。

まず心が弱る原因として考えられるのは、過剰な精神的なストレスなどや睡眠不足などが考えられます。

また肺の呼吸機能は、心から送り出される血液によって維持されている部分が大きいです。

ですからそれが減ってしまうと肺も弱ってきます。

ですがその血液に酸素を与えているのは肺だったりするので、少し複雑な部分ではあります。

また心のポンプ機能以外の部分が弱った時にも肺が弱ることがあります。

精神的な機能の弱りの場合、脳がより栄養を求めるわけですから、肺からの酸素をより要求し呼吸がむしろ浅く早くなってしまうことも。

ですから心が弱ったことによって肺が弱ってしまった場合のケアとしては、精神的なストレスを減らしたりしっかりした睡眠をとりつつ、深呼吸なども意識していくこれはこれから書く、腎の部分にも繋がります。

このような部分の心・肺・腎の三つの臓腑の関係が気管支喘息や心臓喘息などの症状として考えられるかもしれません。

また心の機能が亢進しすぎると熱を持ったりしますので、体の潤いを消耗してしまったりもします。

潤いがとても大切な肺はそれによって弱ってしまうことも考えられます。 

肺→腎

肺は大気から気を取り込み、それを腎に納めるという作業をします。

ですから肺が弱ってしまうと腎も弱ってしまいます。

この部分でも深呼吸などが良いのがわかるかと思います。

また腎は体の潤いの根本であると考えられ、体の表面の機能に関わる肺は外部からの乾燥などから体を守っているとも言えます。

ですから肺の機能が低下しますと、表面から身体全体の潤いまで減ってしまいますので腎の潤いも次第に消耗して弱ってしまいます。

また肺は全身の気血津液の巡りにも関わっている臓腑で、腎は最終的に入らなくなった尿などを排出する臓器ですから、途中の巡りが悪くなってしまうことによって腎が弱ってしまうこともあります。

排尿などの問題があって腎のケアでうまくいかない場合に肺のケアをすると良くなったりするのもこのためです。

腎→心

先ほどにもお書きしたように腎は体の潤いの根本であるという考えがありますし、身体や脳自体であるという考えもありますので、 

腎が弱ると脳自体が弱ることによって脳の考える力なども低下します。

脳の考える力とは心の機能だったりしますので腎が弱ることによって脳も弱ると考えられるのです。 

また脳は大きさからするととても大きな熱を発散する臓器です。

ですのでその脳を冷ますにのに脳の周りだけからでは足りなく全身を使って脳の熱を冷ましている部分も大きくあります。

これを東洋医学的に考えると心腎交通というのです。

腎の機能が低下するとこの脳を覚ます機能が低下しホットフラッシュのような状態が起きてしまったりします。
 

こちらも参考になるかと思います。

また腎の機能としての排尿システムとしての仕組みは心から送り出される血液によって支えられている部分も大きく、腎臓の機能がうまくいかない場合により血圧を上げることによってそれを補おうとしたりすることもよくあります。

ですので腎不全などの状態の時に血流改善の漢方薬などを使うのが有効なのが分かるかと思います。 

またこの心と腎の関係の調整をしている部分での肺の巡りの機能は大切ですので、 その部分の調整する意味合いとして黄耆などの生薬を使うこともよくあります。

相剋→相生→相剋の三角形①

f:id:okukatu:20201117190146j:plain

現代人に多いストレスに起因する三角形について書こうと思います。

肝→脾→肺→肝のつながりですね。

肝→脾

まず肝という臓は体の気の巡りをコントロールするのにとても大切な臓腑で、西洋医学でいうところの中脳・間脳・小脳・延髄といったような生命維持のために必要な指令を与える脳の機能と考えることもできる部分です。

ですので怒りや不安などの感情を抱いのストレスを受けて、不調を示しやすい臓腑でもあります。

また東洋医学での心と言われる思考を司ったりする部分(西洋医学で言われる大脳辺縁系などの部分だと考えられます)を守るために暴走してしまったりする臓腑でもあります。

ですので人間はストレスを感じたりすると肝が気血などの必要なものを要求することが大きくなります。

その気血を作っているのは脾(西洋医学でいうところの消化機能)です。

脳の司令としてはいくらでも要求できるのですが、胃腸は物理的な制約がありますからすべてに答えられるわけではありません。

ですから処理しきれなくなれば自然と脾は弱ってしまいます。

一番分かりやすいのでは便秘や下痢などだとは思います。

下痢は処理しきれずに出ていると考えられますが便秘はなぜと思う方も多いかと思いますこれについては以前にも書いているのでこちらを参照してください。 

脾→肺

また脾は正常に機能していると気血をしっかり作ってくれるのですが、うまく機能しないと痰湿と言ううまく巡っていない体液のようなものを作り出してしまいます。

中医学的意味合いでの肺の機能は呼吸だけでなく体中の気血のめぐりのコントロールをしていますし、津液と言ううまく巡っている体液のコントロールもしています。

痰湿は巡っていない体液と言いましたからこれが増えてくると肺の津液を巡らせる機能も低下してしまいます。

さらに肺には脾が食べ物から作り出した気血に呼吸をすることによって大気の気をさらに加え機能させる機能もあります。 

この部分でも脾からの気血の本来の供給ができなくなることによって問題が起きてくることが考えられます。

肺→肝

また肺も気の巡りに大きく関わると今お話ししていますが、最初に肝も気の巡りが変わるとお話しさせて頂いてますね。

肺は身体側の動きとして巡りをコントロールするのに対し、肝は脳の司令として気の巡りをコントロールしていると考えることができます。

これらはお互いに上手く巡ることによって更に機能するものであって、片側がうまくいかなくなるとより上手く巡らなくなることが考えられるのです。

 

こちらで書いたような部分ですね。

ですので身体側がうまく機能しなくなってくると脳の側はその帳尻を合わせようとますますうまく巡らせることができなくなってくるという悪循環が起きると考えられます。

心因性疼痛を中医学で考える

心因性疼痛などと言うと気のせいでの痛みと思う方も多いかと思いますが

ヘルニアなどの物理的な痛みがあった方がその状態が治ったのに痛みが続くような場合は

その長期の痛みによって、脳の機能異常が起こり痛みに過剰に反応してしまっているなどと考えられます。

ですのではこれは気のせいなどではなく実際に痛みを感じる症状であります。

ですので西洋医学では抗うつ薬などを使ったり行動認知療法などによって脳の機能の正常化を図るというようなことをします。

ですが診断としては物理的な問題が発見できない場合に心因性疼痛の可能性が高いと判断するわけです。

まだ分かっていないような原因あるかも知れないので、それで全てが解決するとは考えられないかもしれません。 

では中医学で考えた場合このような状態はどういった状態を指すのでしょうか?

まず外部からの痛みなどか実際に起きる状態としては外傷やヘルニアなど実際の器質的な問題から始まるかもしれません。

そうすると人間の体の巡りは阻滞されますので、痛みを感じます。

中医学では部分的なつまりがあると痛みが生じると考えます。

ですから人間の体はそういった状態が起きないために常に巡りを維持していなければいけないわけです。

その機能を担っているのが肺と肝になります。

肺は特に身体側の動きとしての巡りを良くする働き

肝は脳側の司令としての体の動き巡りを良くする働き

をそれぞれになっていると考えています。

ですので最初の段階で問題を受けるとしたら肺の部分なのでしょうが、

体がスムーズに動いていないと脳の方もそれに合わせなければいけなくなってくるので機能がおかしくなってしまうことがあります。

f:id:okukatu:20201117190146j:plain

中医学では肺と肝は相剋の関係と考えられお互いに抑制し合う関係だと考えます。

この流れで行くと西洋医学で言われている心因性疼痛の仕組みととても似ているのが分かると思うのです。

ですので肺と肝を整えて気血のめぐりを本来の形にしてあげれば痛みが取れるとも考えられるのです。

ですが今お話ししたようなことが肺→肝と問題が進んでいったと考えると、さらに病状が進んでいく可能性も考えられるのです。

先ほど肺・肝が相剋の関係であると言いましたが、肝と相剋の関係にあるのは脾なります。

ですのでこのような状態が続くと脾のほうにも問題が進展していく可能性があります。

脾とは西洋医学でいうところの胃腸の消化機能などのことを指すので、脾が弱ると気血を作ることができなくなります。

肺・肝の機能も脾が作った気血に支えられているのでより病状が進展するとも考えられますし、脾は体に大切な気血を作るとともにうまく機能しないと痰湿と言う機能していない体液のようなものを作り出してしまうと考えられます。

痰湿は機能していない体液のようなものですから体中の色々な場所に詰まりを作り出します。 

その詰まった部分が経絡であれば体への痛みを感じることになります。

こういった場合の痛みのケアとしては痰湿の原因となっている脾のケアとともに脾に問題を起こした肝へのアプローチも考えなければなりません。

どちらに対して強くアプローチするかなどはその時の状態によって細かなさじ加減が必要になります。

また脾と肺は相生の関係であると言われ脾が弱ると肺の機能をしっかり維持することができなくなると考えます。

その部分からも体の気血のめぐりが悪くなる可能性があると言えるのです。

ですので今までお話ししたように肺・肝・脾などの臓腑などや問題残っている経絡へのアプローチをしていけば痛みへの改善が期待できるのが分かるかと思います。 

また中医学でいうところの心に関する話が今回出て来なかったのは、心は精神活動の中心で思考を司っていますが、西洋医学での説明でしたように本人が痛い痛いと思っているというよりは脳の方が勝手に痛みを感じるような状態になってしまっていると考えられるので理性的に考える部分より本能的な部分や無意識の部分の方が大きいと考えられるからです。

偏頭痛を中医学で考える

f:id:okukatu:20201119115138j:plain

このある病気とは偏頭痛のことなんです

そして第2位の原因とは強い光

とのことでした番組中ではこれらの原因を避けるのが一番効果的とのお話でしたが

中医学的に偏頭痛を考えるとどうなるのでしょうか?

偏頭痛という名前が表すように頭の片側側面が痛くなることが多い頭痛です。

そのような特徴を中医学で考えると、側面に影響する経絡を考えることになります。

頭の側面に影響の多い経絡とは少陽胆経・少陽三焦経になります。

偏頭痛が起きる場所から中医学的な名前をつけると少陽頭痛ということになります。

これはあくまで場所での名前ですので、なぜ少陽経に問題が起きているのかは様々な原因が考えられるのです。

少陽胆経・少陽三焦経と表裏にある臓腑を考えると

少陽胆経↔厥陰肝経

少陽三焦経↔厥陰心包経

肝と言う臓腑は気の巡りをコントロールする臓腑と考えられますので精神的ストレスなどを受けると悪影響を受けやすいと考えられます。

また心包と言う臓腑は心の周りを守る臓腑と考えられ心と共に心肺機能に関わっていると考えられます。 

ですのでこれらの部分に問題がある時に側頭部に頭痛が起きやすいと考えることもできます。 

また肝の働きとは外部からの精神的ストレスだけでなく光などによるストレスから脳を守ろうとする働きであると考えられます。

それが過剰に反応してしまうと頭痛になると考えることも出来ます。

そしてこれらが過剰に働く理由としては

過剰なストレス(精神的・肉体的どちらも)もしくは

そこまで強くないストレスでも反応してしまう身体の余裕の無さ

の2つもしくはそれらの組み合わせも考えられます。

中医学で言えば

過剰なストレス→肝火上炎

強くないストレスでも反応してしまう身体の余裕の無さ→肝陽上亢

となりますこれらは完全に切り分けることは出来ずそれらの問題の大きさにより対応の方法を調節します。

西洋医学的にも偏頭痛の原因は脳血管の異常な拡張であると考えられますから脳が自己防衛のために過剰反応していると考えるのは矛盾がありません。

また脳に血を送り届けたりするのは心と心包の働きですからここの過剰反応と考えてもよい部分もあると思います。

またストレスを受けてすぐには頭痛にならず落ち着いてから出る場合などは気虚なども絡んでいることが多いです。

 

生理周期の長さについて

生理周期とは生理が来てた日から次に来る日までの日数を指し基本的に28日前後が理想と言われます。

ですがその日数より長かったり短かったりすることも多いです。

この長くなったり短かったりから得られる情報もあるのでそのことについて書きます。

 

生理周期が遅れる理由は脾虚腎虚気滞・血瘀・痰湿・冷えなどが考えられます。

  • 脾虚腎虚の場合、次の生理をチャージするのに時間がかかる
  • 気滞・血瘀・痰湿の場合体の巡りが悪いわけでこれでも次の生理をチャージするのに時間がかかる
  • 冷えも代謝が落ちているので生理が遅れます

生理周期が早まる理由は脾虚腎虚気滞・熱

  • 脾虚腎虚の場合は本来の生理と言えない場合もあり不正出血と言えるような出血のことが多いです。※脾の統血不足や腎の固摂機能低下により漏れてしまう
  • 気滞から熱化して代謝が亢進する
  • 熱により代謝が亢進する

ここまで書くと同じ理由で長短どちらにもなることが分かるかと思います。

また早くなる原因の熱も実熱・虚熱でどちらでも代謝は亢進されます

ですので元々腎虚で生理が遅かった人が腎陰虚が進み虚熱になり代謝亢進生理が早くなると病状が進展することもあります。

気滞の場合もストレスの度合いでストレスマックスなら熱、そこまででない場合は巡りの悪さと周期ごとの変化が激しいのが特徴

それ以外でも気滞で脾が弱り脾虚になることもあり、さらに脾虚から痰湿が作り出されたりそれぞれの原因自体が絡み合っているのでその部分も考慮して確認して行く必要があります。

 

 

「脈は常に変化するものだから、脈では大極はわからぬ。」?

ここでの大極とは陰血であったり腎精のことを指しているのだと思う

その部分では真理であると思いますが

 

ここで書いたようにどの部分を切り取るかで見え方が変わってくるのが東洋医学なので

どの部分を論じているのか常に意識する必要がある。

代表的な診断方法である脈診・舌診・腹診などを比較したとき

脈診>舌診>腹診

の順に感情などの変化で変わりやすいと感じる。

ですが全ての情報が変化するわけではないですし、

変化する部分を知ることによって感情に影響されやすいなどの部分を知ることはできるわけです。

陰陽両面の状態を含めて大極とするのであれば脈診も大極を知ることにはなるのです。 

ここで書いたように舌や脈は上半身の情報を反映しやすいために変化しやすい

それに比べ腹診の情報の方が変化しにくいのは必然かもしれない

また話はそれるかもしれないが

に書いたように肝気がまだある状態での肝血虚の人の脈は変動しやすい

それは肝気のコントロールに必要な肝血が不足しているため少しのストレスで気が詰まりやすくなるから

だが肝気虚まで進展している場合は脈は変動できなくなる

こういった部分を読み取れるのが脈が変化しやすいのの魅了でもある。

 

少陽胆経の流注について

f:id:okukatu:20201201005721j:plain

 目尻の瞳子に起こり

耳前の聴会→少陽三焦経の和髎→頷厭→陽明胃経の頭維

頭維→懸釐→懸顱→曲鬢→少陽三焦経の角孫→率谷→天衝→浮白→頭竅陰→完骨

そこから折れ曲り上行さらに前方へ→本神→陽白

再び折れ曲り陽白→頭臨泣→目窓→正営→承霊→脳空→風池→肩井→督脈の大椎→太陽小腸経の秉風→肩井→陽明胃経の欠盆から身体の内側へ

分枝は完骨→少陽三焦経の翳風→耳の中に入り→耳前→太陽小腸経の聴宮→陽明胃経の下関→上関→瞳子

また瞳子からの分枝は下に向かい陽明胃経の大迎へそこから目の下にいたり

再び下り太陽小腸経の天容と交会し陽明胃経の頬車から喉部に入り欠盆で合流します

欠盆から中に入ったのち胸中に走り厥陰心包経の天池を経て深く横隔膜を貫通し肝に絡し胆に属する。

その後、脇肋の内側に沿って降下し少腹部両側の鼠径部に出て陰毛の周辺を環り横へ向い大腿骨の大転子の中へ(環跳)

欠盆から分かれた支脈は淵腋→輒筋→厥陰肝経の章門→日月→京門→太陽膀胱経の上髎・下髎と交会

京門→帯脈→五枢→維道→居髎→大腿骨の大転子の中へ(環跳)

そこから大腿を下に第四指の小指側の足竅陰に至る

また別枝は足臨泣で分かれ第一趾の爪後の発毛部に出て厥陰肝経と交わる

胆と言う臓腑は六腑に属するものの奇恒の腑でもあり

腑でありながら胆汁を蔵し決断にも関わり臓のような側面も持っているのが特徴です。

ですが中医学でみて行くと五臓のような明確なアプローチについてあまり触れられていません。

ですので私は胆へのアプローチとして六経弁証の少陽病の条文であったり

少陽三焦経・胆経を合わせて考えアプローチすることがあります。

もともとは肝の阻滞の問題であっても少陽まで波及してしまった場合、単なる疏肝理気などでは上手く行かず和解少陽する方が劇的によくなることがあります。

また少陽経は身体の側面を流れているため身体の捻りなどの動作に大きく関わり

それらの不調がある場合も経絡へのアプローチだけでなく和解少陽が有効なことがあります。

少陽に問題があっての眼瞼下垂なども和解少陽で改善した経験もあります。